男性のデリケートな問題のひとつが包茎です。
仮性包茎と真性包茎がよく知られていますが、仮性包茎は手術の必要がなく真性包茎は手術をする人が多いです。
仮性包茎は日本人に多いタイプの包茎で、手で包皮を剥けば亀頭の露出が可能です。
仮性包茎は手術の必要はないものの、亀頭周辺に垢や細菌がたまりやすく炎症やニオイの原因になるので専門クリニックで治療を受ける人が増えています。
真性包茎は亀頭を包む包皮の入り口が小さくなっていて亀頭が露出しない状態です。
仮性包茎は手で包皮を剥くことができましたが、真性包茎は包皮を手で剥くことができないので汚れがたまりやすくなります。
垢がたまるとニオイや感染症の原因になるので、早めに医師の診察を受けた方が安心です。
包茎治療には様々な治療方法がありますが、真性包茎の治療ではまず軟膏を塗って包皮の先端を柔らかくします。
軟膏でも元の状態に戻らない場合は手術で包皮を切開して亀頭を露出させます。
手術となると痛みを心配する人もいますが、麻酔があるので痛みの心配はないです。
大人の場合は日帰り手術も可能なので、仕事を持っている人でも手術を受けやすくなっています。
包茎はデリケートな問題なので相談できずに悩んでいる人も多いですが、専門クリニックの多くがメール相談を実施しているので気軽に包茎の相談ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です